ファゴットって知ってますか?

東京藝大卒の茨城県出身ファゴット奏者、皆神陽太です。

オーチャードブラス!!!

ぱんだウインドオーケストラ出演企画「オーチャードブラス vol.1」終演しました!


f:id:yohtam:20161204160815j:image

今回のファゴットパート ハラモトユキと栗林愛理!本当にありがとう。


なんとも刺激的なコンサートでした。

スミス三部作に加え、上野耕平のソロによるシーガルや宇宙の音楽

そして2回公演…(*_*)

おなかいっぱいもいいところです(笑)

(1日経ったいまでも口輪筋が痛い…)

 

久しぶりにたくさんの大曲へ挑みましたが、やっぱり吹奏楽って特別難しい。

弦楽器とのアンサンブルとはまた違う独特なアンテナの張り方です。

 

スミスさんの作品では必ずといっていい程ドカドカドカドカバーーーーン!!…シーン……はいファゴット!!!という場面があるため、めちゃくちゃドキドキしましたが

(金管打楽器が超盛り上げてくれたあと台無しにする可能性があるため|д゚))

どうにか爪痕はのこせましたかね…(^^;

 

ソロ以外で自分の音はぜんっぜん聴こえないけれど(笑) それでも魂が揺さぶられる。

原点なのだなぁと改めて感じました。

吹奏楽の楽しさ・素晴らしさ、そして可能性。これからもたくさん開発していきたいと思っています!

 

なによりも、どちらの公演でもあのオーチャードホールがほぼ満員になるほどの

たくさんのお客様にお越しいただけたこと とっても嬉しく思っています。

なんだか現実感がなくて、不思議な気持ち… 特別な緊張感と感謝にあふれていました。


また次のステージへむけて、ぱんだウインドオーケストラは進み続けます。

応援よろしくお願いします!



23歳の冬

 

日本フィルさんの定期演奏会にエキストラとして出演させていただき

本番後、首席ファゴット奏者 鈴木一志さん邸での

ホームパーティーにお招きいただきました♪

 

f:id:yohtam:20161127110835j:plain

鈴木先生と奥様、息子さんもご一緒に♪ お洒落なカフェバーのようなおうちでした…(*_*)

 

実は、私が高校生のときに母校の佐和高校にて開かれた吹奏楽講習会に

鈴木先生が講師としていらっしゃっていたのです。

その講習会では、茨城県内のいくつかの学校が集まり

楽器ごとに分かれてレッスンが行われるスタイルでした。

吹奏楽」講習会ですから、生徒のみんなはコンクールや定期演奏会へ向けた吹奏楽曲をレッスンして頂いたのだと思うのですが

私はソロコンテストで演奏予定だったウェーバー作曲のファゴットコンチェルトを見ていただいたのです!!(いま思い返すとなんと図々しいのでしょうか…)

 

当時(高2)、まだどなたのレッスンも受講していない状態で

何から何まで完全に自己流で吹いていた私。

ウェーバーの練習や本番の録音も残っていますが、突拍子もない解釈や身体に負担がかかりすぎな音ばかりで

相当悪い癖をつけて吹いていたことがうかがえます(他人事)

先生にはなんだこいつ…と思われていたことでしょう(*_*;

 

時がたち、このような形でお隣で吹かせていただける日が来るなんて…

人生どうなっていくかわかりませんね。

本番中とっても不思議な気持ちになりました。

いまこのステージに立っていることがどれだけ奇跡的なことなんだろうと感じずにはいられませんでした。

 

 

f:id:yohtam:20161127111450j:image
 
素晴らしいご縁に恵まれ、ファゴットそして音楽の魅力をここまで深く知ることが出来ました。
とはいえどまだまだ。底は全く見えませんが、現時点まで培ってきたこと これから吸収できることを
この先 生まれてくる世代にも伝えられるような奏者でありたいと 強く思う23歳の冬なのでした。
 

リサイタル・ノヴァ


NHKーFM「リサイタル・ノヴァ」の公開収録に

こぱんだウインドとして参加してきました!


f:id:yohtam:20161112180342j:image

 

■メンバー

・サックス:上野耕平

・フルート:大久保祐奈

オーボエ:藤本茉奈美

クラリネット:佐藤芳恵

・ホルン:山田一

ファゴット:皆神陽太


f:id:yohtam:20161112180400j:image

 

(こぱんだウインドとは、PWOもとい ぱんだウインドオーケストラのメンバーによる小編成アンサンブルのこと。迫力こそ大編成には劣るかもしれませんが小回しが効くため、技巧的・かつ挑戦的な演奏を得意とします!)

 

今回はあのPANDASTIC!!を木管六重奏Ver.へ作曲者ご本人に書き換えていただいたり

上野耕平soloのスカラムーシュ、坂東祐大さんの新曲などバラエティーに富んだ選曲となっております。

 

なんと生演奏一発録りの公開収録ということで、お客様からの熱気もあいまってかなりアツアツなサウンドがあがってくるはず!笑

放送は11月20日、20:20~です。

 

 

 

そして。PWO大編成の「オーチャードブラスvol.1」

12/3の公演まで一ヵ月をきりました!

おかげさまで、席種によってはもう完売間近です。本当にありがたいことです。

お問合せはぜひお早めに!

 

日本音楽コンクール ピアノ部門

所属しております東京シティフィルで
日本音楽コンクール ピアノ部門の本選審査における伴奏をおこなってきました!!

ソリストは4人
オケはひとつ。
当然っちゃ当然なのですが。

正直なところ、オケも入れ替えさせて〜と思ってしまいました(笑)

一度にこんなにコンチェルトへ取り組むこともそうそうないことなので
大変貴重な経験になりました。
演奏会ではない独特な緊張感は心臓に悪かったです(;_;)

そして、第3位の渡邊智道くんは大学の同期。あのステージに一緒に乗れたこと本当に誇りに思います。
本当におめでとう! 

f:id:yohtam:20161031132351j:image
2人して疲れすぎて顔がヘロヘロです(笑)

f:id:yohtam:20161031132453j:image

結果はこちら。
1997・98年生まれの子がいて驚きを隠せず😳 若っ!と思ってしまう世代になってしまいました…
はぁ。

そうそう、去年は声楽部門の本選伴奏オケにいたのですが、毎年思うことがあります。


ファゴット部門を作ってくれ!!!頼む!!!俺もテレビ出たい!!!


海か、山か、芸術か?

f:id:yohtam:20161024214614j:image

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭に行って参りました😤

ひたちなか市に生まれ、基本的に県央地区で育った私ですが
親戚が大子町日立市にいる関係で 毎年のように県北地区には訪れていたので、思い出の場所も数多くあります。

f:id:yohtam:20161024214846j:image

広大な土地 海 山を贅沢に使用した
展示はどれも規模が大きすぎて!

f:id:yohtam:20161024215104j:image

かと思いきや茨城だからこそ残されてきた建造物の中に
ひっそりと強い意志をもって佇むアート作品があったり…
とても写真を撮れる空気感ではなかったので 公式サイトURLを記載しますね↓

とってもお腹いっぱいになりました!

魅力度最下… いやいや のびしろ日本一茨城県
茨城ってなにがあんの…?なんて言わないでくださいよ!笑
未だお越し頂いたことのない方はもちろん
県央・県南にお住まいのみなさまも
この芸術祭をきっかけに県北へぜひ足を運んでみてください。オススメですよ☺️


(気になって眠れなさそうなのですが、『kenhoku』ではなくて『kenpoku』なのは何故なのでしょう?なんの違和感もなく普段から県北をけんぽくと読んでいましたが、県外の方からすると なんで『ぽ』なの?と疑問を持たれる方が多いそう。訛り…なんでしょうかねぇ。)

常陽藝文フレッシュコンサート

10/22 茨城県新人賞受賞記念の
常陽藝文フレッシュコンサートが
終演いたしました!

f:id:yohtam:20161024004719p:image
本当は動画をアップロードしたいのですが、上げ方がわかりません( ;  ; )
どうしたらいいのでしょう…ご教授ください…

茨城でのソロ演奏がこのところ続いておりましたが
これでひと段落。笑

300名近いお客様に聴いていただき、暖かい拍手を受けながら
幸せなステージとなりました。

今回はロビーコンサートや音楽教室ではなく
普段からクラシックを特に好まれて聴かれている方々が多くご来場くださると伺っていたので
ファゴットのオリジナル作品を織り交ぜたプログラムで、歴史背景や楽曲構成などの説明も加えつつお送りいたしました♪

ずーっと取り組みたかったヌシオのペルゴレージ・アリエッタによる変奏曲や
ウォーターソン作曲、ドニゼッティの思い出などなど…

色々と課題は残りますが😓挑戦的なパフォーマンスは出来たと自負しております!!


実はこの会場となった常陽藝文ホール、
藝大受験へむけてピアノを習い始めた(当時高2)(遅すぎ)際
ピアノの発表会に出演した思い出の場所なんです😅

先生と連弾させて頂く時間もあり それはそれはもう
ガッチガチに緊張しました
鍵盤楽器が本当に苦手なんです…。これ本気です…。
ペダルを踏む足が震えすぎてやばかったことだけを覚えています…。

でも今回!本業の!ファゴットでもう一度このステージに乗らせて頂けて
ありがたかったです☺️
思い出は塗り替えられました…笑

また機会がありますように♪


ひたちなか市音楽アウトリーチ

10月5日・6日に行われた

ひたちなか市内4つの学校・幼稚園をめぐるアウトリーチ事業に

ファゴットとピアノのデュオで参加させていただき、

その模様がひたちなか市報ブログに掲載されました!


f:id:yohtam:20161008111605j:image

市報ひたちなか~まちの話題 | ひたちなか市のトピックスをお届けします

 

 

今回、演奏や楽器紹介はもちろんのこと

アウトリーチだからこそ出来る体験活動として

 

・リードを吹いてみるアクティビティ

・生徒自身がアンサンブルへ参加する

・ステージの上からだけはなく至近距離で演奏を聴く

 

などなど、多角的に音楽を感じてもらえるよう工夫を凝らしました。

クラシックのコンサート=ただひたすら静かに固まっていなくてはならない・眠い というイメージを少しでも払拭し、音楽を楽しむアプローチはたくさんあるということに気づいてもらえたら…

難しいことは置いといて、何より音楽を身近に感じてもらうことが出来たならこんな幸せなことはありません!

 

 

 

今回の活動の中で、僕の中学時代・小学校時代の恩師との再会もありました('Д')

いろ~んな意味で心臓バクバク(笑)